FXで勝てるようになったきっかけとその要因!

勝利 勝つための方法や理論・考え方

こんにちは、kenです。

良く聞かれることなんですが、FXで勝てるようになったきっかけってやっぱり知りたい人多いと思います。

私も勝てていなかったとき、講師の方なんかよくきっかけについて聞いたりしていました。

今考えれば勝てるようになった要因というのは色々ありますが、その全てのきっかけになった出来事や行動の変化があるよう気がします。

今回は、そんなFXで勝てるようになったきっかけについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

FXで勝てるようになった要因

まずは勝てるようになったきっかけというか、細かい要因部分からお話ししたいと思います。
いくつかFXで勝てるようになった要因がありますので、順番に説明したいと思います。

複数時間軸で総合的相場を見ることができるようになった

まずひとつは複数時間足で総合的に相場を見ることができるようになったという点です。
特に大きかったのが日足をある程度読めるようになったことです。

その日1日がどんな日足になるのか、それが想定できると、その日の値動きがどうなるかも想定できます。

その結果、デイトレードに良い結果をもたらしました。

いわゆるマルチタイムフレームというものかと思いますが、FXで勝つには非常に重要なポイントだと思います。

相場は複数時間足で成り立っている、それぞれの時間足にはチャートポイントがあり、そこで売買が発生する、そして日足の影響は非常に大きい、このあたりを理解して複数時間足を総合的に見ると良いかと思います。

上位時間足の波や流れは、下位時間足に大きく影響しますからね。

目先の動きに惑わされなくなった

複数時間足を総合的に見られるようになったからというのも理由のひとつなんですが、勝てるようになった要因のひとつは目先の動きに惑わされなくなったということもあります。

これも大きなポイントのひとつです。
以前はよく、目先の動きに惑わされて、エントリーしたら損切り、途転したら損切りなんてのを繰り返していたように思います。

目先の動きに惑わされ、感情を揺さぶられ、その度に判断がブレていたわけです。
これがなくなりました。

ある程度長期の視野で相場を見ることができるようになったので、目先動き出したところでつられてエントリーなどはしないようになりますし、自分が狙っているポイントまでじっくり待つことができます。

負けていたときは、1日何連敗もしたり、一度負け出すと感情的になって取り返そうとして、より負けを重ねたこともありましたが、それがほぼゼロになっています。

自分なりのルールが確立できた

もう一つは自分なりのルールを確立できたのが大きかったと思います。
ここにくるまで待つ、ラインはこういう場所に引く、このラインに反発するまで待つ、これができるようになると自信が付きます。

自信が付くと、他のことに惑わされず自分が狙っているポイントまで待つことができるようになります。

そして、調子を崩したとしてもその作ったルールにしっかり従えば、また調子を取り戻すことができます。

それくらい自分にとって信頼できる、これさえ守れば大丈夫と思えるようなルールを確立できたというのが、私の中で勝てるようになった要因のひとつだと思います。

では、こうした勝てるようになった要因とも言うべき要素を生み出すことができたきっかけは何だったのでしょうか。

普通にトレードしていたら、勝手にこれらができるようになっていたというわけではないのです。

FXで勝てるようになった要因を作り出したきっかけ

勝てるようになった要因を身につけることができたきっかけ、つまり勝てるようになった根本的なきっかけですが、私の場合は沢山のトレーダーさんとの出会いと、検証と改善のたまものだと思っています。

どちらも重要なことなんですが、私は様々なトレーダーさんに手法や考え方、相場の見方を学ぶ機会がありました。

どうやって相場を見るのか、どういう気持ちでトレードの望むのか。
教材の購入やスクールの受講がほとんどですが、そこで講師の方に色々教えて頂きました。

また、そこで出来た仲間とトレードについて熱く語ったり、毎週勉強会を開催したり、知り合いの勝っているトレーダーを招いて色々話を聞かせて貰ったり。

そうした沢山のトレードを通じて人の考えを知ったり色々な人と情報交換することがきっかけになったと思っています。

というのも、FXって人それぞれ考え方は違うし、人それぞれやり方があるんだということが分かったと同時に、他人がどう考えているかを考慮しながらトレードすることの重要性に気がつけたのです。

そして、それを元にしっかり自分で検証と改善を繰り返して行くことも、勝てたきっかけのひとつ。

昔はFXというのは勝率の高い手法さえ勉強すれば勝てるようになると思っていたのです。
でも、これも数々の手法を学び実践していく中で、間違いであることが分かりました。

私自身がいくら学んでも勝てるようにならなかったというのはもちろんですが、同じように沢山手法を学びそれでも勝てるようにならない人達と沢山出会って話してきたからです。

沢山のトレーダーと話していく中で、勝っている人は独自の自分で考えた方法でトレードを行っている反面、勝てない人は他人の勝てる手法で勝とうとしていることにも気がつきました。

このあたりから、自分の手法を模索するようになってきたのです。
そして、自分の手法を模索する方法が検証と改善です。

トレードというのは、一人でやるものなので一人で頑張ってしまいがちですが、やはり勝っている人からアドバイスを貰うことでヒントや気付きを貰えます。

勝っていないトレーダーさんとの会話や勉強会も、色々な失敗の事例を知ることができ、反面教師にするという言い方は失礼かもしれませんが勉強になることが非常に多いです。

FXで勝つには自分で独学で勉強して勝てるようになる人もいるかもしれませんが、沢山の人とやり取りをして、教え教えられという環境にいる方が、圧倒的に勝てるようになるまでの時間は短縮できると思いますし、そうじゃなきゃ勝てない人も沢山いるように思います。

私なんかは一人でやっていれば、一生勝つための相場の見方に気がつけず、未だに勝てる手法を探し続ける勝てないトレーダーだったかもしれませんね。

以上、FXで勝つためのきっかけについてでした。

コメント