レンジを想定して上限からの逆張り気味に売りでエントリー

2018年8月22日ドル円5分足エントリーと決済 トレード解説・記録

こんにちは、kenです。

久しぶりのトレード記録を投稿したいと思います。
ここ最近、あんまりトレード記録は投稿していませんでしたが、比較的分かりやすいトレードができたので解説したいと思います。

最近は動画でもテスト的に同時に収録していたのですが、あくまでテストのためだったので、テストチャンネルでの投稿でした。

今回からは、今後長く続けていく(予定)のkenのチャンネルを作ったので、そこでも解説しています。

今後朝のチャートやトレード解説は新しいチャンネルで行いますので、もし良ければチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

上位足である日足と1時間足の分析

まずは日足を1時間足の分析です。
左が1時間足、右が日足です。

2018年8月22日のドル円日足と1時間足

朝の時点での日足の分析は下の動画をご覧ください。

今日の日足は、昨日の日足の中に収まるレンジのような足になるかなと想定しています。
そしてロングはちょっと難しそうなので、ショートでの勝負をしたいところ。

1時間足で売れそうな形になるのを待ちました。
しかし、なかなか1時間足は売れそうな形状にはならず、エントリーは難しいかなぁと思っていたところで、5分足で面白いローソク足が出ました。

エントリーポイントと決済

5分足で私が確認したのがこの足。

2018年8月22日ドル円5分足エントリーと決済

矢印のところですが、長い上ひげをだしてダブルトップができつつある状態でした。
ダブルトップになると想定し、矢印の足でショート。

その後、緑のチェックの場面で決済しました。

そもそも今日の日足は、昨日の高値を超えない想定でしたし、どちらか一方向に進むのではなく、上下に動くレンジのような相場を想定していたので、このポイントでショートを決断しています。

詳しい理由なんかは動画にしたので、そっちを見て頂ければと思います。

以上、本日のトレードでした。
YouTubeチャンネルを新しくしているので、参考になったら是非登録して頂ければと思います。

コメント