FXで狙いたい押し目買いや戻り売りのタイミングや判断方法について

押し目と判断できるポイント 勝つための方法や理論・考え方

こんにちは、kenです。

FXでは押し目や戻りでエントリーする押し目買いや戻り売りをするのが良いと良く言われると思いますし、少し勉強した方なら誰でも知っていること。

でも、押し目や戻しがどこで入るのか、押し目や戻しのどこでエントリーすれば良いのか、そのタイミングが分からないという方も多いです。

私自身ずっと悩まされてきた問題だったりします。
今回は、そんな押し目や戻しについて書いてみたいと思います。

そもそもどこが押し目や戻しになるのか、判断が難しいと感じている人も多いと思いますし、押し目や戻しがどこまで入るのか、どこで仕掛ければ良いのかタイミングが分からないという方もいると思いますので、そのあたりについて今日は記事にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

FXでは押し目や戻しを狙うのが王道

FXで勝つには押し目や戻しを狙うのが王道です。
これはどんな本や教材にも書かれていることだと思いますし、私も狙うのは押し目や戻し。

なぜ押し目や戻しを狙うのかというと、単純に勝ちやすいからです。

相場というのは波形を描いて動きます。
波形の形は様々ですが、必ず上下しながら動くのです。

そこがポイントなのです。
こんな感じで、綺麗な波形になるとは限りませんが、必ず上下しながら動いていきます。

FXでの波形

上下しながら動くということは、上昇している時は上下しているなかの、できるだけ下げたところで買う方が損切りも浅く済むし上昇したとき大きな利幅がとれて有利です。

下落しているときはできるだけ高いところで買う方が、損切りも浅く済んで上手く下落したときは大きくとれるので有利です。

単純な話で、赤い矢印と青い矢印どっちの買うのが有利になるかは、誰が考えても分かることです。

有利なエントリーポイント

誰がどう見ても、赤い矢印でエントリーする方が有利です。
青い矢印は上昇トレンド中の伸びきったところでロングしているので、その直後に戻しやレンジが発生していたり、その後伸びなかったりと、上昇中のロングなのに負けかねないエントリーポイント。

そして、この赤い矢印の部分こそ、押し目といわれるところ、押し目買いと言われる買い方ですね。

下落トレンドの時は逆になるだけで、戻しを売る戻り売りになるわけです。
押し目買いや戻り売りは相場で戦うには、最も重要で王道とも言えるエントリーポイント。

この押し目や戻しでエントリーするためにはどうしたら良いか、そのタイミングを掴むのに様々な手法が考えられていると言っても過言ではないと思います。

しかし、世の中の勝てていないトレーダーさんの中には、これを理解せず、手法だけしかみていない人が多いように思います。

ほとんどの手法は押し目買いや戻り売りのタイミングで使うからこそ効果があると思ってください。
押し目や戻しを全く考慮せずに、いわゆる手法といわれるものを使ったとしても、正直勝てるようにはならないと私は思います。

もちろん手法自体に押し目や戻しを狙うための判断基準が含まれているものもありますが、自分で判断しなきゃいけない場合も多いですからね。

FXでは押し目や戻しの判断は終わってみなきゃ分からない

では、どこが押し目や戻しになるのか、どうやって押し目や戻しを判断すれば良いのかですが、実際の所押し目や戻しというのは、できあがってみなきゃ分からないのです。

例えば、赤い矢印の部分が押し目になるかどうかは、この時点では誰にもわかりません。

押し目の判断

もしかするとここから下落するかもしれないし、ダブルトップやダブルボトムの可能性もあるわけですから、ここが本当に上昇トレンド中の押し目かどうかは分からないわけです。

これは誰にもわからなくて、実際のトレードではある程度あたりを付けて入るしかないというのが現実だったりします。

誰にでも押し目や戻しだとはっきり判断できるというのは、直前の高値や安値を抜けてからです。
つまりこの状態になれば、ここは押し目だったと判断できます。

押し目と判断できるポイント

でも、この状態になってからエントリーって先ほど書いた、エントリーしちゃ駄目な伸びきった場所ですから、押し目や戻しをしっかり確認してから入るというのはNG。

確認してからじゃ遅いのです。

ここは押し目になりそうというある程度の根拠を持って、はっきりしない状態の時に入るしかありません。

私の場合は上位足の動きやその日の値動きの想定なんかをして、ここが押し目になるかどうか判断しています。

当然外れることもありますが、他の時間足の動きや大まかな相場の流れからしか、ここが押し目になるのかどうか判断することはできないと思いますし、他の時間足や相場の流れをみていくことで、押し目や戻しになるかどうかの判断はある程度できるようになってくると思います。

押し目や戻しのタイミングは分かりやすいところを狙う

では、実際どういうところで実際に押し目や戻しを狙ってエントリーすれば良いのかですが、タイミングは分かりやすいところでとるのが良いと思います。

こんなところですね。

押し目買いのタイミング

具体的にいえば、直前の高値や安値から引いたライン、上の図だと青いラインですが、そこで反発したところを狙うというのが最も分かりやすいところ。

当然、どこで反発するかというのは誰にもわかりませんが、反発の可能性が高いのはこうしたポイントになります。

なので、ここでタイミングを取ってエントリーするというのが良いのかなと思います。

当然、こうしたライン反発以外にも沢山押し目は戻しはあります。
でも、ライン反発以外は基本無視しても良いかなと思うのです。

というのも、やはりライン付近以外で発生する押し目や戻りというのは、捉えるのが非常に難しいです。

先ほども書いたとおり、そもそも押し目や戻しなのか、そして押し目や戻しだとしても本当にそのポイントで反発するのかは誰にもわかりません。

起こってみてからじゃなきゃ分からないものの、押し目や戻りだと認識してからエントリーしては遅いわけですから、どこかで反発を想定して入らなきゃいけないのです。

その目安がラインとなるわけです。
ある程度ラインを引くことで押し目や戻しのポイントを想定し、実際にそこで反発した際はエントリーする。

これが押し目買いや戻り売りのタイミングをとるのに一番良い方法だと私は思います。

実際のトレードでは相場の流れや上位足の状態が重要

ここまで、FXで狙うべき押し目や戻しのタイミングについて書いてきましたが、実際のトレードでは上位足や全体の相場の流れを意識する必要があります。

いくら良い押し目候補に見えても、大きな流れやトレンドに逆らった押し戻しのポイントというのは、いとも簡単に抜けてしまいます。

これが十分理解できていないと、せっかくの押し目や戻しもうまく使えません。
逆に言えば、全体の流れや上位足の動きなどを把握できていれば、押し目や戻しというのは高い精度で見つけることができますし、うまく利用することもできます。

押し目や戻しを狙うというと、執行時間足で必死になって押し目や戻しを探そうとする方がいますが、あくまで主眼は上位足や全体の流れに向け、最後の最後の執行の部分ので押し目や戻しを探すという感覚を忘れないようにしてください。

大きな下落トレンドの中にいれば、やはり狙うべきは戻り売りです。
短期の足が上昇にあったとすれば、そこから下落に転じたところを狙いたいですし、短期の足も下落なら普通に戻り売りを狙えば良いでしょう。

あくまで大きな流れの中の、小さな押し目や戻りを拾うという感覚です。
この部分さえしっかりしていれば問題ないかなと思います。

以上、押し目や戻しの判断方法やタイミングについてでした。

コメント